カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

潜龍酒造について

1688年(元禄元年)、平戸藩の七浦奉行を務めていた初代山下庄左衛門が藩命により

現在地で酒造業を始めたのが当社の始まりです。

現在は初代の庄左衛門から数え、十二代目となりますが

創業当時から継承してきた伝統的な技法で酒造りを続けています。
また現在も使われているもと蔵(酛蔵)は元禄年間の創業当時の建築と伝えられており、

長崎県指定有形文化財となっています。

代   表    者     代表取締役社長 山下 芳生

代表取締役会長    山下庄左衛門

所   在   地     長崎県佐世保市江迎町長坂209番地

連   絡   先     TEL.(0956)65-2209  FAX.(0956)65-2404

杜        氏     小値賀杜氏 土田 栄

創        業    元禄年間(1688年頃) 昭和29年4月法人化

事  業  内  容     清酒製造、リキュール製造、漬物製造、および上記の販売

資   本   金     10,000千円

製  造  期  間     冬季のみ(11月から翌年3月)

生 産 設 備 能 力   200キロリットル

事 業 の 概 要      清酒製造業のほかに漬物製造販売を行っています。

                 長崎県の北西部、佐世保市江迎町にあり、周辺3市4ケ町(人口354千人)を主な販売先としています。

  そ   の   他    元禄年間(1688年頃)に創業した当社は、当初平戸松浦家のお殿様が参勤交代の折や

                長崎港警備へ出向く際に平戸藩候専用の御旅舎として使用されていました。

                その屋敷趾(本陣屋敷趾)は、長崎県の有形文化財に指定されています。

 

                 本陣屋敷址                                     本社社屋

本陣のマーク(印)である三つ星は平戸松浦氏の「三つ星」を用いています。

平戸松浦氏とは

松浦氏(まつらし)は、中世には肥前の水軍の松浦党の惣領氏であり、

その松浦党のうち下松浦党の本来の嫡流は松浦直の嫡男の松浦清の末裔の

一族であるが、松浦氏の数多くの傍流のうち、松浦直の五男の峯被の子孫から

平戸を本拠とする平戸松浦家(平戸氏)が興りました。
江戸時代には江戸幕府の下で平戸を城下町として平戸松浦氏の平戸藩6万3千石を構え、

改易されることもなく、明治維新まで続きました。

【参考】ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/松浦氏

本社社屋に直売所を併設しております。

本社社屋の1階に直売所を開設しております。
当蔵のラインアップをすべて購入できるのはもちろん、特約店でしか手に入らない「みずの光彩(きらめき)」や通販限定商品、

地元の特産品などもお買い求めいただけます。
佐世保観光に来られた際にはぜひ弊社にも足をお運びください。

本陣について

会社概要

当家は平戸のお殿様が宿泊していた本陣屋敷でした

元禄年間(1688年頃)に創業した当社は、当初平戸松浦家のお殿様が参勤交代の折や長崎港警備へ出向く際に平戸藩候専用の御旅舎として使用されていました。
その屋敷趾(本陣屋敷趾/県指定有形文化財)には、御成門(おなりもん)、御成の間(枕水舎)が保存されており、往時を偲ばせる道具や茶器などが 展示しています。また江戸時代のものだけでなく、明治初期に作られた松の形の照明など貴重な近現代の遺産も展示しています。

由緒ある「本陣」は平戸松浦藩の歴史と共にありました

枕水舎(ちんすいしゃ)というのは、柱が 水の中から建てられているところからその名がつけられた、お殿様専用の宿泊所です。

座ったまま眺めるように作られた庭園には、築山の中腹からわき出した豊富な泉が滝となって流れ、

美しい風景を造りだしています。

また表庭の茶室に入る角のつくばいには水琴窟(すいきんくつ)があり、

かなでられた水琴の音が遥かな歴史を感じさせてくれます。

枕水舎は明治時代の廃藩置県によって平戸藩がなくなったことから本陣としての役目は終えました。

しかし現在でも建物・庭始め往事の本陣のまま残されており、藩主が宿泊する際に用いられた備品類も多くそのまま残されています。

由緒ある「本陣」は平戸松浦藩の歴史と共にありました

1688年に平戸松浦藩によって建てられた「もと蔵(酒編に元と書く)」は傘型の屋根組になっています。

もと蔵は 2階まで1本柱(約7.5m)で支えられた、釘を全く使用していない組込み式の特殊な酒蔵造りです。

このように作られた理由は、作業がし易いように、できるだけ空間を広く取るために考えられたものといわれています。

酛蔵ではさまざまなイベントを開催しています。

今も現役のこの蔵では酒造りに使用する他に、2階を利用してジャズやクラシックのコンサートをはじめ様々なイベントを開催しています。

また見学もできますが、事前の予約・申し込みが必要です。詳しくは以下をご覧下さい。

当蔵へのアクセス

見学

予約制
小学生以下のお客様はご遠慮願います。またペットを連れての入場はご遠慮下さい。
申込方法 お電話にて承ります。 電話番号 0956-65-2209
料金 本陣屋敷 大人/100円 中学生以下/無料(団体20名様以上 大人/50円)
山下家もと蔵  無料
見学時間

弊社営業日の9時〜16時まで(予約時、お問い合わせ下さい)
12月は、大変申し訳ありませんが、見学はご遠慮下さい。

また仕込みの時期は「もと蔵」の見学はできない場合があります。

所在地マップ

本陣を飲める店・買える店

本陣を飲める店・買える店

本陣を飲めるお店リスト

店 名住 所電話番号

めしや 野口

長崎県松浦市御厨町里免0956-75-0254
Time

長崎県松浦市志佐町浦免1142

0956-72-0556
小料理 みゆき

長崎県松浦市志佐町浦免1516-2

0956-72-4258
居酒屋さんしゅう長崎県松浦市志佐町浦免13130956-72-0997
櫻梅閣長崎県松浦市志佐町庄野免3610956-72-1717
いけす割烹 華長崎県松浦市志佐町浦免15150956-72-5587

焼肉レストラン 泰珍

長崎県松浦市志佐町浦免11700956-72-2923
松浦シティホテル長崎県松浦市志佐町浦免1782-10956-72-5000
吉兵長崎県松浦市志佐町浦免11470956-72-5028
吉鳥長崎県松浦市志佐町浦免10920956-72-2925
あじ彩長崎県松浦市志佐町浦免1131-10956-72-2955
小料理 一期一会長崎県松浦市志佐町浦免1337-20956-72-3005
いつき長崎県松浦市志佐町浦免1313080-6433-0445
ひいき家

長崎市銅座町11-8

095-820-5506
すし たかみ

長崎市本石灰町2-18

095-827-4439
江戸前 初一長崎市小峰町1-11095-72-0997
暮六つ 長崎市船大工町1-11 080-6432-0901
清風 長崎県平戸市崎方町8180950-22-3178
やきにく鈴

長崎県平戸市木引田町446-1

0950-23-3808
焼肉市山長崎県平戸市築地529 0950-22-2439
磯しげ長崎県平戸市木引田4770950-22-2269
一楽食堂長崎県平戸市木引田町438-10950-23-8239

よ志乃

長崎県平戸市崎方町843 0950-22-2776
焼き鳥 ごっとり 長崎県平戸市崎方町857-2 0950-23-2374
スナック ケイ 長崎県平戸市木引田町450-2F 0950-23-2793
あけぼの 長崎県平戸市木引田町438-10950-23-3120
スナック らいひん 長崎県平戸市木引田町450 0950-23-2072
海鮮居酒屋 桃源郷 長崎県平戸市宮の町6180950-23-2815
豊鮨 長崎県平戸市新町101 0950-23-2017
潮騒 長崎県平戸市生月町里免2891-4 0950-53-3301

レ・カトルセゾン

居酒屋 西海

長崎県平戸市木引田町450

大阪府大阪市中央区本町4-4-12 ラッキービル1F

0950-23-8625

06-4704-3838

本陣を買えるお店リスト

県内の酒販店にてお買い求めいただけます。また「みずの光彩(きらめき)」は特約店のみのお取り扱いとなります。

取扱店は下記の通りです。

店 名住 所電話番号
潜龍酒造直売所長崎県佐世保市江迎町長坂2090956-65-2209
大 井 酒 店長崎市大浦町8-33095-821-4618
お 酒 の 木 屋

長崎市西町20-23

095-846-4147
片岡酒店長崎市石神町13-31095-844-0585
小林酒店長崎市大浦東町1-28095-823-3491
小山酒店長崎市花丘町14-1095-844-7462

訖稿蘯鯏

長崎市大黒町12-3095-822-1430
森田屋商店長崎市館内町18-7095-823-1416
ファミリーマート山下江迎長崎県佐世保市江迎町埋立1-20956-66-3890
岩佐酒店長崎県松浦市調川町下免102-120956-72-0255
とさや酒店長崎県南高来郡小浜町北本町905-580957-74-2630
やはた酒店長崎市横尾2-17-14095-856-7775
小宮酒店長崎県佐世保市折橋町20番地0956-22-6676
平口豊次郎商店東京都目黒区平町1-25-1703-3717-1660
中尾酒店長崎市江川町235095-878-3553
堤酒店長崎県佐世保市京坪町2-130956-22-5416

でぐち酒店

徳山酒店

峰酒店

むらなか酒店

コンビニエンスひでしま

有限会社 地酒処 田村本店

衒晋豊次郎商店

長崎県佐世保市早苗町336-10

長崎県長崎市松山町3-91

長崎県長崎市茂木町108

長崎県佐世保市相浦町2723番地

長崎県諫早市小長井町牧265-4

福岡県北九州市門司区大里本町2丁目2番11号

東京都目黒区平町1-25-17

0956-38-8831

095-847-0058

095-836-0041

0956-47-2036

0957-34-2063

093-381-1496

03-3717-1660


うまい酒へのこだわり

受賞歴

大吟醸 ∴本陣ふるさと讃歌 賞歴

当蔵を代表する大吟醸「ふるさと讃歌」は全国的にも高い評価をいただいているお酒です。
新酒鑑評会でも最高賞である「金賞」をたびたび受賞しております。ぜひ一度ご賞味ください。

 
賞歴
平成25酒造年度 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所・中央会共催)
入 賞
平成24年 福岡国税局主催酒類鑑評会 吟醸の部
金 賞
平成23酒造年度 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所・中央会共催)
金 賞
平成22酒造年度 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所・中央会共催)
金 賞
平成20酒造年度 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所・中央会共催)
金 賞
平成18酒造年度 全国新酒鑑評会(酒類総合研究所・中央会共催)
入 賞
平成17酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催)
金 賞
平成16酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催) 金 賞
平成15酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催) 金 賞
平成15年 福岡国税局主催酒類鑑評会(秋季) 優等賞
平成14年 福岡国税局主催酒類鑑評会 金 賞
平成13年 福岡国税局主催酒類鑑評会 優等賞
平成12酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催) 入 賞
平成11年 福岡国税局主催清酒鑑評会 優等賞
平成11酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催) 入 賞
平成11年 福岡国税局主催酒類鑑評会 金 賞
平成10年 福岡国税局主催清酒鑑評会 優等賞
平成10年 福岡国税局主催酒類鑑評会 金 賞
平成 9年 福岡国税局主催清酒鑑評会 局長賞
平成 9年 福岡国税局主催酒類鑑評会  吟醸の部 金 賞
平成 9年 福岡国税局主催酒類鑑評会  純米の部 優等賞(注1)
平成 8年 福岡国税局主催清酒鑑評会  吟醸の部 優等賞
平成 7酒造年度 全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催) 金 賞
平成 8年 福岡国税局主催酒類鑑評会  吟醸の部 金 賞
平成 7年 福岡国税局主催清酒鑑評会  吟醸の部 優等賞
平成 7年 福岡国税局主催酒類鑑評会  吟醸の部 優等賞

※酒造年度とは7月1日から翌年の6月30日までの1年間のこと。
※平成12年より福岡国税局主催清酒鑑評会廃止となる。
※平成9年福岡国税局主催清酒鑑評会より部門別が廃止となる。
(注)この受賞は「∴本陣 純米吟醸」です。

みずの光彩(特別純米) 賞歴

賞歴
平成27年 福岡国税局主催酒類鑑評会  純米の部                    金 賞
平成25年 福岡国税局主催酒類鑑評会  純米の部                    金 賞

ページトップへ